【満員】うえむら一郎演説会【御礼】

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket

3月10(金)、うえむら一郎演説会を開催しました。

天気が悪い中、本当に多くの方にお越しいただき、300席用意した椅子が足りなくなり、ご迷惑をおかけする方も出てしまい、申し訳ない限りです。

ただ、ご来場頂いた方々をお迎えさせてもらったとき、「ああ!この方も!おおー、貴方も!!!!」といった方々がたくさんいて、何を考えずとも笑顔でお迎えすることができました。

 

同級生の皆もフォローに来てくれました。後援会の方々も来場された皆様を丁寧に迎えてくれていました。そして、写真に収めることができていませんが、会場外では雨が降る中、自治会の方々が駐車場警備にあたってくれました。周りの方々無しに、この演説会を開催することはできませんでした。

 

 

後援会長を務めていただいている中條さんの挨拶で開会。前東かがわ市長であり、39歳で大内町長に初当選した中條さん。首長の責任から30代候補者のあるべき姿まで、本当にたくさんのことを教えてくれます、

 

来賓あいさつでご登壇いただいた、参議院議員の磯﨑仁彦先生。「香川に帰る気があるなら、うちで秘書として働いてみないか?」と私に声をかけてくれた所から、今日につながっています。今まではあくまで秘書として傍で聞いていた先生の挨拶が、自分自身に向けられたこと。本当に感慨深い。ちなみに現在は経済産業副大臣。昨春、私が秘書を辞めたとたんに任命されました。辞めたとたんに。。。

 

弁士としてお越しいただいた、樋渡啓祐さん。ちょうど1年前に香川に講演で来られた樋渡さんを講演後に捕まえ「地元の市長選に出ようと思ってます。応援してください!」と初対面で依頼。「うん、いいよ」と初対面で快諾。行動力と好奇心がすごい。樋渡さんの講演後「あの人、めっちゃ面白いな!!」「樋渡ファンになった!」という声が多く、いちファンとしてニヤニヤしておりました。

憧れの樋渡さんに急遽登壇を促され、この日一番の緊張している顔です。

 

自身の挨拶。

これまでの人生。その中で経験したこと、そして市長選挙立候補を決断するに至った経緯。そして、東かがわ市の代表者としてやりたいこと。今の全てを語りつくしました。私が登壇するまでに、話をしてくれた中條さん、磯﨑先生、そして樋渡さんから最高のトスを頂けたこともあり、会場の皆様からもとてもいい反応を頂きました。

 

最後は中学の同級生で同じ野球部だった松村君のガンバローコール。本当に会場が一体になった。

 

登壇いただいた全ての方に最高のパフォーマンスを頂きました。本当に。

ただ、それに見合うだけのパフォーマンスが自分にできたのかどうか。心残りはありますが、この日に訴えたのは、この日の全て。あと1か月ちょい、まだまだうえむら一郎は成長します。成長し続けます。東かがわ市の皆様にうえむら一郎をご理解いただけるように、引き続き精進します。

東かがわ市の明日を皆で創っていくんや!!!

 

東かがわ市を、一歩先へ。

東かがわラブ。