「東かがわ市の魅力を伝えます!」 ~うえむら一郎は、なぜ挑戦するのか~

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket

「東かがわ市に戻っても、限界見えとるやん。」

1年前、県外から香川にUターンした友人の意見です。

私にとって、こんなに悲しくて悔しい言葉はありませんでした。

「香川ってうどん以外何があるの?」

「東かがわ市、行ったことある!長尾に友達がおってな。」

「東かがわ市に戻ってどうするん。人も減ってここで働いても仕方ない」

東かがわ市は誰にも知られず、未来が無いと感じている。

チャンスが無い、もしくは少ないと思っている。

私はまず、この認識を変えることに挑戦したいと思います。

私は広告代理店に勤めていた時代、まだ社会に知られていない商品やサービスを、より多くの人に知ってもらう業務に数多く関わりました。秘められた可能性を見極めて最大化し、自信と愛情をもってその魅力を社会に発信すること。

それは「秘められた可能性に気づき、未来を描く」仕事でした。

しかし、自分が生まれ育った東かがわ市を見てみると、全国的に見渡してもこれほど好条件が揃った魅力あふれる地域はなかなか無いのに、その魅力を活かせていない。これは本当に勿体ないと感じています。

これは「今」のために「明日」を捨てていると思います。

私は東かがわ市を、「希望ある未来」を描くことで、「明日」に向かう活力があふれ、「今」が輝いている地域に変えます。

まず、市民のみなさまに東かがわ市の可能性を知ってもらい、感じてもらう。

そして、市民のみなさまと希望ある未来を描き共有する。

その未来を実現するために、うえむら一郎は先頭に立って、東かがわ市の魅力を伝えます!

東かがわ市を一歩先へ。

東かがわラブ