残り3か月

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket

4月21日(日)に行われる東かがわ市長選挙に立候補を表明してから、はや8か月。投開票日まで、あと3か月を切りました。

東かがわ市は統一地方選挙の期間中に、県議会議員、市議会議員、そして市長選挙が行われるため、各選挙に向けて、日々熱を帯びてきていることを強く感じます。

「これからは、あんたらの世代が社会を引っ張って新しいことやっていかないかんのや!」

「よう腹くくったの!その心意気、ええやないか!」

「考えとること、ようわかるわ。私も同じこと感じよったんや」

「力になるけんな!遠慮せんと言えよ!!」

本当に心強いお言葉を日々、頂いています。その度に、背中を強く押され、むしろ、強く叩かれています。

その御気持ちが本当にありがたく、日々の力になっています。改めて、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

その一方で、やはり厳しい御意見も頂きます。

「30代は若すぎる。もっと人生経験を積んでからでないといけない。」

「議員や市役所職員の経験もないのに、市長を目指すのはありえない。」

「まだ若いんだから。今回は顔見せ。また次(4年後)に挑戦すればいい。」

「中学出てから長く地元を離れていた人間に、市を任せられるはずがない」

等々。

ひとつひとつの御意見に対して、自分自身の考え方やポリシーをもってご理解を頂けるように、説明させて頂くのですが、まだまだ越えなければいけないハードルは高く、そして多いと感じています。

それでも。

東かがわ市を一歩先へすすめるために。

自分が信じた道をブレることなく、1人でも多くの市民の皆様にうえむら一郎をご理解いただくために。

まだまだ進んでいきます。挑戦の日まであと3か月を切りました。そして、3か月後以降には、さらなる挑戦をさせて頂きたい。

その強いを想いをもって、うえむら一郎は、引き続き挑戦してまいります。

気張ります。よろしくお願いいたします。

東かがわ市を、一歩先へ。

東かがわラブ。